Language | | English | China | Vietnam | Indonesia | Thai | お気軽にお問合せ下さい

昭和ゴムTOP > 事業概要 : 中性子遮蔽ゴム





中性子遮蔽ゴム

放射能とは?

物質が放射線を発する性質。

中性子とは?

放射線のひとつ。中性子は核分裂によって生成します。

中性子の利用

中性子は原子核により散乱、回折し、またその透過力の強さ、水素検出能力、磁性検出能力などに優れており、その性質を利用して、元素分析、分子構造解明、新材料の作成、ガン治療の研究、非破壊検査などに利用されています。

中性子遮蔽ゴム


中性子遮蔽ゴムは中性子を照射する装置からの漏洩などを防ぐために使用されます。

① 中性子遮蔽能力

厚さ 5mm 10mm
I / Io 1.412 × 10-3 3.18 × 10-5
μ 13.13 10.36


Io : 入射中性子強度、I : 透過中性子強度、μ : 吸収係数
日本原子力研究所 東海研究所(現 原子力研究開発機構JAEA) 試験研究用原子炉を使用した結果

② 物性

引張強さ 4MPa (4MPa)
伸び 220% (200%)
硬さ 69 (74)デュロメータA


( )内:70℃ × 96時間老化後

③ 利用現場での加工性

・現場での加工が容易
・現場での接着が容易
・任意の形状に加工が容易

中性子遮蔽ゴムの利用事例

脳腫瘍治療用医療照射室
研究用原子炉 JRR-2 医療照射室全景
 

▲ Page Top

| 個人情報保護方針 | 利用規約 |

© 2017 Showa-Rubber Co., Ltd. All rights reserved.